<選手の軌跡~真島 健~>

2015/12/07

第4号  「意地でもマウンドを守り抜く!」

 

真島 健  (まじま けん)  投手

埼玉県出身   浦和学院高校 - 東京国際大

 

真島選手に少年時代からのお話を伺った。

彼が野球を始めたのは小学校3年生から。父親が転勤で、仙台-豊橋-川越と幼い頃は各地を転々と。小学校2年生の時に現在の川越市に移り住み、近所の小学校の同級生に誘われて野球チームに入った。

小学校・中学校と野球が楽しくて仕方がない時代だったという。中学生の時は学校で軟式、地元のジュニアチームでは硬式と硬軟両方での野球漬けの日々。素振りでは、数多くのプロのピッチャーの球を打ち返すことをイメージしながらバットを振っていた。子供のころからのイメージトレーニングは、その後進学した浦和学院高校での練習に非常に役に立ったとのこと。

 

浦和学院高校から進学した東京国際大学時代のエピソード。

「自分は、大学時代3番手のピッチャーでした。ある試合での思い出なのですが、自分が登板していた試合に8回で2-1の1点差、しかもランナー2、3塁と背負ってしまった時に監督がボールを持ってマウンドに寄って交代を告げに来たのですが、意地でも替わるつもりはなかったので『絶対に替わりません!』と監督に言いより、結局そのまま監督がベンチへ帰っていった事があります。結果その試合は自分の完投勝利に終わりました。もし降板していたら今の自分は無かったかも知れません。」その時の監督は、かつて広島カープを日本一に導き、赤ヘル黄金時代を築いた古葉氏。その古葉氏も強い気持ちを認めてくれたのだろう。自らの意地とプライドで守り抜いた試合だった。

 

野球が好きで仕方がない。妥協もしない。1年でも長く投げ続くたいとの思いは強い。

今野球が出来ることに幸せを感じつつ、野球部の投手陣を支える真島投手の今後に強く期待したい。

現在の真島投手

 

 

 

(記:後援会)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリ:真島 健-選手の軌跡

コメントは受け付けていません。