<選手の軌跡 ~山内 武~>

2016/07/15

第6号 「悔しさを糧に」

山内 武(やまうちたける)投手

神奈川県出身  学法福島高校 - 函館大学

 

神奈川県出身の山内選手。小学校1年生の時先輩に誘われ野球を始めたが、最初は訳も分からずやっていた。

地元の少年野球チームに所属し、3年生からレギュラーとして試合に出場。6年生から投手を始めキャプテンとしてチームをまとめた。

外で遊ぶのが大好きで、野球の練習のない時はほとんど外で遊ぶ活発な少年であった。

 

地元の中学校に進み、横浜金沢シニアに所属し3年生の時全国シニア大会に出場した。

また、野球以外でも厳しく、礼儀や人との関わり方を学んだ。

 

高校は福島県にある学法福島高校に進学。甲子園への出場を目指した。高校時代の思い出は、2年生の秋、翌年の選抜高校野球大会出場をかけた東北大会に出場した。

初戦で花巻東高を破り、2回戦で青森の強豪光星学院と対戦したが、大差で敗れ甲子園出場が叶わなかったことと、3年生夏は肩の故障で投げれず、チームも県ベスト8で終わり悔しさが残ったことである。

 

大学は北海道の函館大学に進み、北海道六大学リーグで戦った。4年間で一度も全国大会に出場できず悔しさが残っている。

 

鹿島野球部では、自分の持ち味であるコントロールの良さを活かし、どんな場面でも投球でき、チームから信頼され、尊敬される投手になりたい。

こんな活気のあるチームで野球ができることで、今は野球が楽しい。

山内投手の東京ドームでの活躍に期待したい。

IMG_4145

現在の山内投手

(記:後援会)

 


カテゴリ:山内 武-選手の軌跡

コメントは受け付けていません。