<選手の軌跡 ~坂口 凌~>

2016/07/15

第7号 「投手陣を引っ張れる捕手になる」 坂口 凌(さかぐちりょう)捕手 群馬県出身  桐生市立商高 → 関東学院大学   群馬県桐生市出身の坂口選手。小学校1年生から野球を始めた。祖母がソフトボールの国体選手で、父親もソフトボールの経験者と自然と野球に興味をもった。 憧れの松坂大輔投手みたいになりたいと、この頃は投手として一生懸命練習した。 桐生市内は少年野球が盛んであり強豪チームも多くいたが、エースでキャプテンとして地区大会を勝ち、西武ドームで行われた全国大会に出場した。 坂口(小学生)

小学校時代の坂口選手

 

地元の中学校に進み、桐生ボーイズに所属した。この頃から内野手の練習も始め、投手兼内野手として練習に明け暮れた。中学1年生の時チームは全国大会に出場したが本人の出場機会はなく、今度は自分で力で出場すると練習に励んだが、全国大会への出場は出来なかった。

 

桐生市立商高に進学し甲子園を目指した。この頃は投手よりも内野手としての出場が多く、3年生の夏は5番3塁手として出場した。群馬県大会ではベスト4まで勝ち進んだが甲子園出場を果たせなかった。

高校3年生になる時に東日本大震災があり、復興支援の一環として岩手県の高田高校と試合した事が思い出として残っている。

 

大学は神奈川六大学リーグに所属する関東学院大学に進学。内野手として頑張っていたが、2年生の秋に転機が訪れた。強肩を買われ捕手にコンバートされ捕手の道を歩むことになる。捕手にコンバートされまもない頃のリーグ戦で石川清太投手(現鹿島野球部)とバッテリーを組んだ。その試合で石川投手の投球を捕れずに相手に点を与えたことが今も悔しく、より一層練習に励んだ。

坂口(大学)

大学時代の坂口選手

 

鹿島硬式野球部では、捕手のレギュラー目指し頑張っている。

「まだまだ課題は多いが、守備力を高め、レギュラーとして投手陣を引っ張れる捕手になりたい」と話す顔に活気が漲っていた。

 

(記:後援会)

 


カテゴリ:坂口 凌-選手の軌跡

コメント / トラックバック1件

  1. 照サン より:

    ケガに気をつけて頑張れ凌クン!