<選手の軌跡 ~林 悠平~>

第2号 「小さい頃から野球一筋で」

林 悠平(はやし ゆうへい)内野手

群馬県出身  桐生第一高校 - 東洋大学

 

群馬県利根郡みなかみ町出身の林選手。小学校1年生の頃から父親と兄の真似をして野球を始めた。父親が少年野球の監督、兄もまた野球少年で自然と野球を始めていた。

父親が監督をしている野球チームに所属し、山に囲まれた緑の多いグランドで野球ばかりしていた少年時代であった。

林(小学生)1

小学校時代の林選手

地元みなかみ町の中学校に進み、クラブ活動として軟式野球部に所属し、県大会出場目指し仲間と必死で頑張った。

高校は甲子園常連校である桐生第一高校に進学した。桐生第一高校へ行けば絶対に甲子園に行けると思った。

練習はとても厳しいものであった。甲子園目指して猛練習に耐え頑張ったが、自分の代で3年間一度も甲子園に行くことが叶わず、悔しい3年間であった。

大学は東都六大学の名門東洋大学に進学。1年生の秋に東都リーグⅡ部に転落し、その後ずっとⅡ部リーグでの戦いとなった。その間何回かⅠ部昇格のチャンスはあったが、昇格できなかった。4年生の秋に最後のチャンスが訪れた。

Ⅱ部リーグで優勝し、Ⅰ部入替え戦に進出した。相手はこの年のⅠ部最下位の駒沢大学。ただエースは横浜ベイスターズドラフト1位の今永投手。1試合目は相手エースに3安打で完封されたが、2試合目は打ち勝ち1勝1敗となり3試合目に持ちこんだ。最終戦はまたも相手エース今永との対戦となったが、今度は打ち崩しⅠ部昇格を果たした。

自分の最後のリーグ戦でⅠ部昇格を果たし、卒業できることは本当に嬉しく思った。

鹿島野球部では、泥臭く粘り強い頑張る野球の素晴らしさを学んでいる。その一員として頑張って行きたいと思っている。

東京ドームでの活躍に期待したい。

IMG_4047

現在の林選手のバッティング

(記:後援会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です