<選手の軌跡 ~佐藤僚亮~>

第8号 「勝てる投手になりたい」

佐藤僚亮(さとうりょうすけ)投手

山形県出身  山形中央高校

 

 

山形県は「紅花」で有名な河北町出身の佐藤僚亮選手。山に囲まれた自然豊かな地で生まれ育った。小さい頃から元気よく活発でいつも外で遊ぶ少年であった。

野球が大好きな父親の影響で小学生の頃から野球を始めた。最初はただがむしゃらにやっていたが「絶対に他の人には負けないぞ」と、大声を出しいつも全力でプレーをしていた少年時代であった。

佐藤(僚)(小学生)

少年時代の佐藤選手

中学校は地元の学校に進み部活動として野球に取り組んだ。3年生の夏、地区大会を勝ち抜き山形県大会に進んだが、1回戦で敗退した。

高校進学は地元山形の公立高校であり、部活動にも力を入れている山形中央高校に進学した。

1年生の時からベンチに入った。一番の思い出は2年生の夏、山形県大会を勝ち抜き甲子園に出場。1学年上の石川直也(現日本ハム)と二人で投げ抜き、佐藤投手は19イニングを投げ、1失点、27奪三振の力投を見せ、山形中央高校を甲子園出場に導いた。

甲子園では1回戦を勝ち、2回戦対東海大四高(北海道)戦に先発し、見事甲子園で勝利投手になった。チームは3回戦で敗退し、自らもリリーフで打たれたが、甲子園での3試合は自分にとって良い経験になった。

佐藤(僚)(高校)

甲子園で力投する佐藤投手

鹿島野球部での自分の今の課題はしっかりと基礎を作り上げること。

練習、努力を重ねチームのエースとして「勝てる投手」になって、都市対抗のマウンドに立ちたい。そう話す佐藤投手の顔に闘志が漲っていた。今後の佐藤投手に期待したい。

(記:後援会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です