宮崎キャンプ日誌

タグ:キャンプ2日目

こんにちは!!

新日鐵住金鹿島野球部マネージャーの菊入です。

 

川南町2日目の強化キャンプ。最高気温は13℃ですが、地元の鹿嶋より日が温かいお陰で、とても気持ちの良い気候の中、練習を行いました。

 

今日の午前中は実戦形式を中心に練習を行いました。活気のある声を出しながら、ときに選手同士が厳しい指摘をし合いながら練習を行っており、チーム全体で成長しようとする姿が見られました。午後行った打撃練習では、選手一人ひとりが黙々とバットを振っており、自分の打撃力を向上したいという強い意志が感じられました。

 

15日(水)バッティング練習中写真

↑ 午後の打撃練習の風景

 

また、今年のキャンプは各自の課題練習に多く時間を割いており、選手一人ひとりがより自分のレベルアップの為に課題練習をこなしています。監督やコーチも課題練習に取り組んでいる選手を熱心に指導しています。

 

投球動作のチェックをする佐藤(僚)選手と長岡投手コーチ

↑ 投球フォームを固める佐藤(僚)選手と見守る長岡投手コーチ

 

福盛主将や渡部選手などのベテラン選手がチームを盛り上げていますが、マネージャーとしては、今年はなるべく多くの若い選手が試合に出場し、活躍してくれることを期待しています。その為には、このキャンプでどんどん首脳陣にアピールしてほしいと思います。

チーム内の競争に勝ち、北関東予選のスターティングメンバーに名を連ねているのは誰か・・・。

みなさんの大声援を受けて試合でプレーをするのは誰か・・・。

期待しながら練習を見守っています。

 

 

宮崎キャンプ日誌” への2件のコメント

  1. 温かい南国の地で日々成長している選手が瞼に浮かびます、新人・先輩方が
    切磋琢磨し、協調性を高め飛躍することを願わずにいられません。
       吉報を楽しみにしています・・・・・   年配フアンより

  2. 「今年もドームに連れて行ってくれそう。」 
    そんなに感じる元気な声が聞こえてました。
    期待してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です