【お知らせ】もしもの時に備えて講習!

もしもの時に備えて・・・
(頭頸部外傷などの不測事態における講習)

こんにちは!新日鐵住金鹿島硬式野球部マネージャーの菊入です。
3月10日(金)に飯田トレーナーを指導員とした頭頸部外傷などの不測事態における講習を行いました。

スタート

↑説明する飯田トレーナー

頭頸部外傷とはその字の通り、頭部(もしくは頸部)に打撃が加えられたことで発生する病態の総称のことです。みなさんはプロ野球や高校野球などを見ていて、守備チームの野手が打球を追っていて、選手同士がぶつかってしまったという光景を見たことはないでしょうか。全力で打球を追っている選手同士がぶつかり合うと、その衝撃ははかり知れません。
新日鐵住金鹿島硬式野球部はそのような不測事態が起きても、選手全員がしかるべき対処ができるように年に1度講習を行っています。

③

↑頭頸部を動かさないように固定する飯田トレーナー

⑤

⑥

↑担架に乗せる為には5~6人が力を合わせて、タイミング良く作業を行わなければなりません。

 

⑦

⑨

↑真剣な様子で講習を受ける選手たち

 

もし少しでもタイミングが合わず、頭部(もしくは頸部)をずらしてしまうと、怪我をした選手は一生寝たきりの人生を送ってしまう可能性もあります。その為、講習を受けている選手全員、真剣に取り組みました。

 

明日からは東京スポニチ大会が開催されます。
一戦必勝で戦って参ります。
ご声援宜しくお願い致します!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です