中村 大翼

<選手の軌跡 ~中村 大翼~>

2016/04/11

第23号  「兄の背中を追って始めた野球」

 

中村 大翼(なかむら だいすけ)  内野手

佐賀県出身  佐賀東高校 - 日本文理大学

 

 

中村選手は「兄の背中を追いかけて」野球を始めた。小学校2年生の時だ。一つ上の兄が小学校の野球団で溌剌とプレーをしている様を見て、兄に対する憧れとでも言おうか、兄に負けまいとする子供心からか、同じ小学校の野球団に入りプレーを始めた。年が一歳違いだとなおさらライバル心も生まれる。「兄貴に負けないように頑張るぞ。」小学校時代の中村少年の姿である。

 

中村選手と兄は小学校、中学校、高校と同じチームでプレーをした。どんなに厳しい練習であっても兄の頑張る姿を見て「負けない!」と自らを奮いたたせた。

高校は、兄も進学していた佐賀県で唯一スポーツクラスが設置されている佐賀東高校に進学、投手と内野手の両方で活躍した。

3年生の夏の甲子園佐賀県大会。バッター田中(現日ハム)のいる強豪佐賀商が相手。投手中村はノーアウトランナー2塁で自分が投じた球が相手バッターに打たれてしまい、7-1のコールド負けを喫した。自分の投球で3年の夏が終わった。打たれた後しばらくは「何も考えられなかった。」

 

大学は部員数が日本一多いことで有名な日本文理大学に進学。俊足ぶりは評価され1年生から内野手でベンチ入りし、大学3年時には50mで6秒を切る足の速さにまでなっていた。

思い出の試合は大学3年時九州地区大学野球連盟秋季大会。名桜大戦。延長11回まで

6-6でもつれ込んだ試合は11回裏日本文理大からサヨナラ打が出て7-6で勝利した。サヨナラ勝ちというものは、いつまでも本人の記憶に残るものだ。

 

鹿島硬式野球部では「切り込み隊長」として常にチームに良い流れを呼ぶことを心がけている。2016年の中村選手の活躍に期待したい。

 

IMG_2480 現在の中村選手

(記:後援会)


カテゴリ:中村 大翼-選手の軌跡

コメントは受け付けていません。