吉田 雅貴

<選手の軌跡 ~吉田 雅貴~>

2018/07/17

<選手の軌跡>を都市対抗野球大会二度目を経験する選手にスポットを当てて紹介していきます。
本大会に向けての意気込みなどを聞いておりますので、ぜひお楽しみください。

第一号 「全国大会に導ける投手、全国で勝てる投手。」

吉田 雅貴(よしだまさたか)投手

秋田出身  秋田中央高校 → 函館大学

 

秋田県潟上市出身、吉田選手。閑静な住宅街と自然に囲まれ、毎日活発に友達と遊びまわっていた吉田少年。そんな少年が野球を始めたきっかけは松井秀樹選手への憧れからであった。小学4年生から野球を始め、打ったり、投げたりすることを全力で楽しむ野球少年だった。

 

中学は2年生の秋からキャプテンを任せられたが、やんちゃな事をしすぎて冬でキャプテンを辞めさせられてしまった。チームはあまり強くなく、最後の大会も初戦負けをし、悔しい思いをしていた。

 

高校は、県内有数の進学校で文武両道を心掛けている秋田中央高校に進学し、チームメイトと共に甲子園出場を目指した。高校時代の思い出は2年の甲子園予選県大会の決勝戦でマウンドに上がれたこと。結果は3回4失点で、甲子園出場を逃してしまい悔しい思いをしたこと。

また、3年生夏、延長14回まで投げたがシード校ながら初戦敗退となってしまったことである。

惜しくも甲子園出場経験はなかったが一発勝負の舞台で吉田投手は大きく成長していた。

 

大学は、北海道六大学リーグ所属の函館大学に進学。上下関係があまり厳しくなく、チーム全員で仲良く楽しく野球ができる大学だった。一年から試合に出場し、大学1年秋季リーグでは、持ち味のスピードボールを武器に相手打者に向かっていき、北海道教大函館を相手にノーヒットノーランを達成と、一年生離れした実力を見せつけていた。四年生の秋季リーグ、旭川大での先発では自己最速を更新する151kmを二度マークした。四年間目標としてきたことができたことが思い出である。

 

鹿島硬式野球部に来て「大人が熱く、泥臭く、気持ちを前面に出して野球をしていることに驚いた」と言っていた吉田投手。都市対抗野球に対する意気込みを聞くと、「チームに全国への一勝をもたらしたい」と力強く答えていた。

意外にも鹿島に来るまで全国出場経験のない吉田投手だが、「野球生活で一度も全国大会に出たことがないし、そこが自分の甘いところ。社会人では、必ず自分のチームで全国大会に出場させて、プロ入りをアピールします。」と、これからの抱負を語ってくれた。二年目を迎える吉田投手に期待をしたい。

マウンドで集中する吉田投手


カテゴリ:吉田 雅貴

コメントは受け付けていません。