安達 和貴

<選手の軌跡 ~安達 和貴~>

2018/07/17

第四号 「チームの中心へ~フルスイング~」

安達 和貴(あだち かずき)選手

岐阜県出身 岐阜県立山県高校 ― 岐阜聖徳学園大学

 

北関東大会3日目、負けたら大会敗退0対0 2アウト2塁チャンスがやってきた。「カーン」と気持ちいい打球音が響く、決勝点を取り2塁で喜びを見せる選手、今回のヒーロー安達選手である。そんな安達選手に話を聞いてきた。

 

エンタイトルツーベースを打つヒーロー安達選手

 

 

 

 

 

 

 

 

安達選手が野球を始めたきっかけは「友達に誘われて」始めたそうだ。小さなころから元気で明るい性格。そんな安達選手がいるチームもみんな仲良しでとても野球をしやすい環境であった。それだけでなく、小6の時には全国大会出場と強いチームでのプレイが今の安達選手の下地を作った。

 

現在では、外野を守る安達選手だが中学ではファースト、後攻では投手をしていたそうだ。

高校生ながら186cm86kgの体躯から真上から投げ下ろす外国人投手のようなフォームで迫力十分の守備、打っては今と変わらぬ気持ちのいいスイングで攻撃に貢献し、投打でチームを支えていた。

 

今大会ではヒーローの安達選手であるが、去年の都市対抗大会ではベンチに入ることすらできなかった。きっと悔しかったであろう、「自分もあの場で活躍したかった。今年は出て必ずチームの力になる。」と述べていた。安達選手はこの一年間並々ならぬ努力をし、あの場所で結果を残したのだ。

 

今の目標は「チームの中心選手になること」

今日も安達選手は自分の為、チームの為に迫力のフルスイングをしている。安達選手のドームでの活躍に期待したい。

 


カテゴリ:安達 和貴

コメントは受け付けていません。