鈴木 稜也

<選手の軌跡 ~鈴木 稜也~>

2018/07/17

第三号 「気持ちをストレートへ」

鈴木 稜也(すずき りょうや)投手

千葉県出身 拓大紅陵高校 ― 上武大学

 

 

千葉県出身、鈴木稜也選手の野球との出会いは兄が野球をやっており、感化され「一緒に遊びたい」との思いから始めたそうだ。小さなころから元気いっぱい鈴木選手は常に短パン少年で、みんなでバーベキューをやるような仲の良いチームと豊かな自然が少年を育てた。

 

中学校に進んだ鈴木投手は野球部に所属した。野球のみだけでなく、その運動センスを相撲や槍投げなどにも発揮し、特に相撲では全国大会にまで出場をするほどであった。鈴木投手の強靭な肩、足腰はこのころから培われていたのだ。

 

中学を卒業し、拓大紅陵高校に進学した。拓大紅陵高校で大事にしたことは「文武両道」。冬場に3時から行う朝練習など厳しい練習を行う野球はもちろんのこと、学問でも結果を求められていた。つらくても持ち前のまっすぐな性格で頑張っていた。高校の思い出を尋ねると、夏の予選でリリーフとして登板して1球でピンチを抑え勝ち投手になったことを良く覚えているそうだ。

 

鈴木投手は上武大学に進学し、1年生からベンチ入り。とびぬけた実力で公式戦初先発ながら全国大会の舞台で完封と大器の片鱗をうかがわせた。

 

鹿島硬式野球部に所属する現在、どんな選手になりたいか伺うと「チームを救う選手になりたい。そのために自分のアピールポイントであるストレートに気持ちを乗せて投げます。」

無心で野球に打ち込む集中力で凡打の山をドームに築いてほしい

一球入魂 鈴木投手


カテゴリ:鈴木 稜也

コメントは受け付けていません。